2011年3月アーカイブ

高齢者のリハビリ

| コメント(67) | トラックバック(0)

日本は世界一の長寿国であり、世界一の高齢国でもあります。こうした背景とともに「高齢者のリハビリ」が注目されている。

人は老化に伴い活動力が低下していく。これは、脳卒中や骨折などといったアクシデントの内容がはっきりしているもによって引き起こされるのではない。いわゆる、加齢による廃用症候群や変形性関節症や認知症などが原因となる。

老化に伴う活動力の低下はちょっとしたことがきっかけとなり引き起こされる。
例えば、風邪などをひいて寝ていたことにより歩けなくなってしまったり、家族(嫁)とケンカなどをして気分的に落ち込んでしまい引きこもりがちになり体力が低下してしまったりと様々です。

このような場合は周囲の人がいち早く変化に気づくことが必要となる。
精神的なケアはもちろん、リハビリの回数を多くするなどの対応が求められる。

このような活動力の低下はうっかりすると見落としがちになるので常日頃からコミュニケーションをとる必要がある。

ウェブページ

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事

最近のコメント