2010年11月アーカイブ

「立つ」リハビリ

| コメント(150) | トラックバック(0)

「立つ」とは2本足で自分の体重を支えることです。

そのために踵に体重をしっかりのせて、膝をしっかり伸ばして、太もも(大腿四頭筋)に力をいれる必要がある。

足関節に拘縮があったり、膝に拘縮があったりすると立つのが困難となる。膝が曲がったままで立っていると大腿四頭筋が常に緊張してしまい疲れやすくなるし、腰も前かがみになり腰痛の原因にもなる。

立つためには足関節や膝関節の拘縮予防や改善をすると同時に大腿四頭筋の強化が必要となる。

リハビリなどを行う際はこういった理論を患者さんに説明をすると、リハビリの受けもよくなり意欲も引き出しやすいのではないか。

ウェブページ

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事

最近のコメント